日本赤十字社山形県支部

青少年赤十字とは

青少年赤十字の目的と役割

青少年赤十字は、児童・生徒が赤十字の精神に基づいて、世界の平和と人類の福祉に貢献できるよう、児童・生徒が日常生活の中での実践活動を通して、望ましい人格とその精神を自ら形成することを目的としています。

青少年赤十字が基盤としている、「違いを超えて実感できる世界共通の価値観」、『人道』を深く理解し、普段の生活の中で自他のいのちと健康を大切に守り、人々の苦痛を軽減・予防し、人間としての尊厳を尊重しながら行動し、よりよく生きることができることを目指しています。

『人道』とは難しいものではなく、誰の心の中にも本来ある「やさしさ」や「思いやり」の心であり、それを引き出し、育てることが青少年赤十字の役割です。

青少年赤十字の特徴

・青少年赤十字は、先生方の理解と共感に支えられ、幼稚園、保育園、小・中・高等学校の中で
活動しています。 指導していただく方は、学校や園の先生方です。

 

・学校や園の教育方針に基づいて実践します。 活動は、各校で自主的に行います。

 

・青少年赤十字は世界的なひろがりを持つ組織です。 国内だけでなく、海外にも多くの仲間がいます。

 

・活動参加にあたっては加盟登録していただいておりますが、登録による義務や費用は一切生じません。

 

青少年青少年の実践目標と態度目標

実践目標

青少年赤十字は、その目的を達成し、心の豊かな人間性や自己教育力を育成するために、「なすことによって学ぶ」ことを大切にし、具体的な次の3つの実践目標を掲げています。

「健康・安全」 :生命と健康を大切にする。

(防災教育、救急法、手洗い・うがい・体操の励行、虫歯予防運動の推進、校内安全点検活動など)

「奉仕」 :人間として社会のため、人のためにつくす責任を自覚し実行する。

(環境美化、動物の飼育・観察、老人福祉施設訪問など)

「国際理解・親善」 :広く世界の青少年を知り、なかよく助け合う精神を養う。

(書き損じはがきの回収、一円玉募金、、海外救援金募金、メンバーの国際交流など)

態度目標

また、社会の一員としての自覚を成長過程で体得する必要性を重視し、生徒・児童の主体的で自立した態度を養うために、「気づき」、「考え」、「実行する」という態度目標も掲げています。

これは、子どもたちが「注意深い生活」を心がける習慣を養うとともに、自ら自分の生活または社会の問題やニーズに「気づき」、その原因の解決のための道筋や方法を「考え」、問題解決のために具体的な活動を「実行する」ことの大切さを意識づけるのに役立つものです。

青少年赤十字の重要な考え方であり、様々な活動計画づくりにも活かされています。

 

学校教育と青少年赤十字
(青少年赤十字は第6次山形県教育振興計画」をサポートします)

青少年赤十字の誕生は1922年にさかのぼりますが、それは赤十字が一方的に生み出したというより、子どもたちの健やかで豊かな成長を願う先生方と赤十字との出会いの中から生まれたものといえます。このことが、現在でも学校とのつながりを大切にしている理由です。

つまり、青少年赤十字は、学校自身が自らの教育目標(理念)に基づいて取り入れた教育活動であるということができます。

・文部科学省の見解はこちら

・山形県教育委員会教育長の推薦文(H30年度版)はこちら

 

青少年赤十字の実践目標や態度目標は、「つなぐ~いのち、学び、地域~」をテーマとする「第6次山形県教育振興計画」のねらいと重なり、「人間力に満ちあふれ、山形の未来をひらく人づくり」の目標につながるものです。そして、赤十字の精神『人道』は、いのちや生き方を尊重する「いのちの教育」、「『いのち』をつなぐ教育」につながっています。さらに、子どもたちが、優しさと思いやりの心で日々実践している活動は、異なる文化や世代を超えて、認め合い、かかわり合う中で人間力を磨き、「生きる力」を育むものです。

今、新しい教育の流れの最先端で教育改善に取り組み、多くの成果を上げておられる各学校(園)の先生方の指導実践や経営理念にも、青少年赤十字の目標と活動は、無理なく溶け込み、「生きる力」の育成をサポートすることができます。教育活動のための資材・学習資料、教員・児童生徒向けの研修をぜひご活用ください。

 

青少年赤十字の取り入れ方

青少年赤十字は、学校教育をより効果的に行うために学校、教師の自由裁量による採用するものであり、学校教育目標を達成するための機能として活用することができます。

学校での取り入れ方には、いくつかの方法があります。

・全校参加

・学年または学級単位の参加

・クラブとしての参加

 

青少年赤十字の「ちかい」について

青少年赤十字の「ちかい」は、戦後から一貫して使われてきたものです。
そのルーツは、戦後の日本の青少年赤十字の再建を援助したアメリカの青少年赤十字のちかいをヒントにしたものだといわれています。「ちかい」の唱和は、強制的なものではありませんが、児童・生徒がメンバーとしての自覚や決意を新たにする教育的な意図から自主的に取り入れられています。

 

青少年赤十字のマークについて

青少年赤十字のマークは、赤十字マークを日本の象徴的な花である

桜の花びらが取り囲むようにあしらったデザインになっています。

それぞれ、

【赤十字マーク】・・・赤十字の心(やさしさ・おもいやり)

【桜】・・・人、なかま

【14個の桜】・・・世界で14番目に青少年赤十字活動を開始した意味

【まわりの青】・・・世界の空の色

【青少年赤十字のリボンの下の桜】・・・わたくし

を意味しています。

青少年赤十字の歌について

青少年赤十字には、メンバー集会などで合唱できる歌があります。

主に小学校、中学校では「空は世界へ」、

高等学校では「青少年赤十字の歌」が使われています。

 

楽譜はこちら→  【空は世界へ】  【青少年赤十字の歌】

青少年赤十字のおこり

第一次世界大戦のさなか・・・

カナダやアメリカの児童・生徒たちが赤十字の仲介により、先生の指導のもとに、戦場の兵士に慰問品を送ったり、兵士の留守家族へ支援したり、病院で使用する患者用衣類や包帯巻きなどの援助を行ったりしたことに始まります。
アメリカでは、「児童が自発的に奉仕活動を実践することは戦時に限らず、平時にも継続されてよい」と終戦後も児童、生徒たちによる奉仕活動が続けられました。
戦時救護に加えて、平時における健康の増進などの分野に赤十字の力を発揮するため、大正8年(1919年)各国赤十字社の連合体として、赤十字社連盟が創設されました。
そして、大戦下での児童・生徒の活動がヒントとなり、大正11年(1922年)第2回連盟総会にて、青少年赤十字の創設が決議されました。

日本では90年以上の歴史あり!

日本においても、同1922年に「少年赤十字」として発足しました。大正12年(1923年)関東大震災での被災者に対し、食糧支援や文房具支援をしたことが最初の活動と言われています。
その後、主な対象は小学校5・6年生から中学校、高等女学校、青年学校にも拡大し、昭和23年(1948年)に現在の「青少年赤十字」へと名称が統一されました。

このページのトップへ