日本赤十字社山形県支部

赤十字奉仕団活動事例 山形市第五地区赤十字奉仕団―だがしや楽校を通した赤十字活動の普及―

赤十字奉仕団活動事例 山形市第五地区赤十字奉仕団―だがしや楽校を通した赤十字活動の普及―

山形市第五地区赤十字奉仕団(玉ノ井一委員長)では、山形市第五学区子ども会育成連合会が主催する  「だがしや楽校」に赤十字コーナーを開設し、地域の子どもたちを対象とした赤十字活動の普及に取り  組んでいます。

「だがしや楽校」は、その名のとおり、最近ではあまり見かけなくなってしまった「駄菓子屋」をモデルに、わたあめ、ばくだんなどの駄菓子や、ベーゴマ、めんこなどの昔ながらの遊びの場を提供。希薄になりつつある地域コミュニティの繋がりと、その中で育まれる遊びと学び合いの機会を、地域の子どもたちに  提供することを目的に毎年開催されています。

その中で、山形市第五地区赤十字奉仕団は「赤十字コーナー」を開設。非常時の炊き出しの実演や試食、  防災かるた大会等のブースを設け、赤十字の「防災・減災」の取り組み等について、子どもたちや保護者の皆様、地域の皆様に楽しく知っていただく取り組みを実践しています。

地雷模型セットの展示(人道思想の普及)

地雷模型セットの展示(人道思想の普及)

非常時の炊き出しを体験(耐熱性ポリ袋を使った炊飯)

非常時の炊き出しを体験(耐熱性ポリ袋を使った炊飯)

「防災かるた大会」を通して楽しく防災に関する予備知識を習得

「防災かるた大会」を通して楽しく防災に関する予備知識を習得

このページのトップへ