日本赤十字社山形県支部

赤十字奉仕団主催イベント「2018赤十字フェスタinひがしね」を開催しました

赤十字奉仕団主催イベント「2018赤十字フェスタinひがしね」を開催しました

5月26日(土)、ひがしねあそびあランドを会場に、「2018赤十字フェスタinひがしね」を開催しました。

このイベントは、地域の皆さまに赤十字活動を楽しく知っていただくことを目的に、東根市荷口赤十字奉仕団、東根市蟹沢赤十字奉仕団、東根市向原赤十字奉仕団、東根市一和会赤十字奉仕団の4団が東根市赤十字奉仕団連合として企画し、日赤東根市地区と当県支部との共催で開催し、今年で3回目を迎えました。

イベント当日は、非常時に役立つ炊き出しの実演のほか、救急法体験コーナー、救護活動紹介コーナー、救護活動で使用する赤十字車両の展示、キッズユニフォームの試着コーナーなどを実施し、会場は多くの家族連れで賑わい、約2,000名の方々にご来場いただきました。

特に、赤十字奉仕団員が日頃から訓練を重ねている炊き出しスキルで調理したきのこ汁や焼きそばは、大人から子どもまで大盛況でした。

また、救急法体験コーナーでは、人形を使った胸骨圧迫(心臓マッサージ)等を親子で体験いただき、いざというときに身近な人を守るさまざまな方法を、楽しみながらも真剣に取り組む様子が伺われました。

非常時に役立つ炊き出しの実演

子どもたちに大人気のハートラちゃんとキッズユニフォームの試着体験コーナー

家族みんなで救急法を体験

「防災かるた」で楽しみながら防災の大切さを学ぶ

このページのトップへ