日本赤十字社山形県支部

蔵王猿倉スキー場安全合同総合訓練に参加しました

蔵王猿倉スキー場安全合同総合訓練に参加しました

 12月22日(火)に蔵王猿倉スキー場で開催されたスキー場安全合同総合訓練に参加しました。

 同訓練はスキー場で想定されるアクシデントに対応するため蔵王猿倉観光協議会が毎年実施しているもので、日赤山形県支部のほか上山市消防本部、上山警察署、山大医学部付属病院が参加し、一次救命処置やリフトからの救助訓練が実施されました。

 また、今回は新型コロナウイルス感染防止策についての研修も行われ、参加者は皆真剣な表情で取り組みました。

停電で停止したリフトからの救助訓練(最大高さ8メートルの位置からの救助)

 

このページのトップへ