日本赤十字社山形県支部

平成28年 山形県赤十字大会を開催

平成28年 山形県赤十字大会を開催

去る7月15日(金)、山形県支部では日本赤十字社名誉副総裁秋篠宮妃殿下のご臨席を仰ぎ「平成28年 山形県赤十字大会」を天童市で開催しました。

式典では社資並びに業務功労を合わせ37の個人と法人の方々に、名誉副総裁より直接金色有功章をご授与いただきました。

体験発表では、青少年赤十字メンバーの県立荒砥高等学校3年丸川恵理花さんが、高齢者宅の除雪ボランティアや地域奉仕団との災害時の炊き出し研修等を紹介。また、東日本大震災で被災し、仮設住宅で暮らす宮城県女川町の遠藤康夫さんは、山形県支部が独自に実施する仮設住宅での復興支援事業や、震災以来  続く、青少年赤十字加盟校の朝日町立朝日中学校との交流について、日赤の支援を受ける立場から紹介  しました。

名誉副総裁秋篠宮妃殿下は、前日14日よりご来県され、平成25年に完成した山形ロジスティクス・センターでの地域住民を対象とした災害図上訓練や炊き出し訓練をご視察されたほか、青少年赤十字防災教育 プログラムを活用した教育カリキュラムを実践する山形市立第八小学校や、日新製薬株式会社荒谷工場に おける献血のようすをご視察されました。

大会式典のようす

大会式典のようす

地域住民対象の防災訓練(山形ロジスティクス・センターにて)

地域住民対象の防災訓練(山形ロジスティクス・センターにて)

献血者に対しお声がけする名誉副総裁(日新製薬株式会社にて)

献血者に対しお声がけする名誉副総裁(日新製薬株式会社にて)

このページのトップへ