日本赤十字社山形県支部

平成28年熊本地震災害における日本赤十字社山形県支部の対応について

平成28年熊本地震災害における日本赤十字社山形県支部の対応について

平成28年4月16日未明に発生した『熊本地震災害』における、日本赤十字社山形県支部の対応は次のとおりです。

 1.医療救護活動

救護班の派遣

山形県支部では日赤本社からブロック代表支部(宮城県)を通じた調整に基づき、県内の自治体病院に編成している赤十字医療救護班を派遣し、医療救護活動を展開しました。

救護班の活動状況

派遣(活動)期間 派遣赤十字救護班編成病院 派遣先(活動場所) 対応した     患者数
平成28年 4月29日~5月2日 北村山公立病院 (山形県東根市) 日赤熊本県支部ほか 39人
益城町立広安小学校(4月29日PM、4月30日AM)
益城町総合体育館(4月30日PM、 5月2日AM)
上益城保健福祉センター ハピネス (5月1日AM)
益城町立益城中央小学校(5月1日  PM)

※対応した患者数:DVT(Deep Venous Thrombosis)深部静脈血栓症の予防指導含む

※活動状況詳細はこちらからご覧いただけます。(熊本地震災害救護活動記録

 

 2.義援金の受付

山形県支部の受付状況

19,856,313円(平成28年5月26日現在)(内、8,698,555円を本社へ4月末日送金済み)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ