日本赤十字社山形県支部

平成28年熊本地震災害 北村山公立病院赤十字救護班を派遣

平成28年熊本地震災害 北村山公立病院赤十字救護班を派遣

日本赤十字社山形県支部では、4月14日に発生した熊本を中心とする地震災害を受け、医療救護班1班(北村山公立病院赤十字救護班)を現地に派遣し、救護活動を実施します。

 

4月28日、日赤山形県支部ではこれに伴い救護班の出発式を実施。

派遣にあたり、東日本大震災においても活動実績を持つ、北村山公立病院赤十字救護班長 國本健太医師は「自分たちの知識や経験を生かし、被災地の皆さんを援助したい」と決意を述べました。

 

今回の救護班派遣期間は4月28日~5月3日(活動期間4月29日~5月2日)で、北村山公立病院の医師、看護師、事務職、計7名が、現地の避難所等で医療救護活動を展開する予定です。

123

このページのトップへ