日本赤十字社山形県支部

山形県支部職員をネパールにおける国際支援事業の実地調査に派遣しました

山形県支部職員をネパールにおける国際支援事業の実地調査に派遣しました

令和元年9月16日から同27日にかけて、日本赤十字社の支援するネパール・コミュニティ防災事業の

成果確認のため、山形県・栃木県・福岡県の各支部及び本社から1名計4名をネパールに派遣し、

同事業の支援効果の実地調査を行いました。

山形県支部からは組織振興課花輪主事を派遣いたしました。

詳しくは、下記リンクより日本赤十字社本社ホームページをご覧ください。

ネパール: 災害リスクの高い地域で住民主体の減災対策を推進

 

このページのトップへ