日本赤十字社山形県支部

尾花沢市赤十字奉仕団の結団式が行われました

尾花沢市赤十字奉仕団の結団式が行われました

平成27年10月16日(金)、尾花沢市のサルナートコンベンションホールで「尾花沢市赤十字奉仕団」の結団式が行われました。

地域を中心に活動を展開する「地域赤十字奉仕団」に、今回新たに尾花沢市赤十字奉仕団が加わることで、県内の地域赤十字奉仕団の数は24市町村、45団となりました。結団式では、笹原ふじ子尾花沢市赤十字奉仕団委員長に、小川裕一日赤山形県支部組織振興課長より 赤十字奉仕団旗が手渡され、 加藤國洋尾花沢市長(日赤尾花沢市地区長)、菅野修一尾花沢市議会議長が祝辞を述べました。

加藤市長は「急速な高齢化を迎える中で、高齢者への弁当炊き出しや除雪ボランティアなど地域における  皆さんの活動が非常に重要な役割を担うこととなる。今年度は赤十字の野外炊飯器も配備され、近年頻発  する自然災害における被災者支援など、赤十字奉仕団員である皆さまの今後の活動に期待したい。」と激励しました。

後半では、結団式に参加した団員を対象に、小川組織振興課長が赤十字の基礎的知識や赤十字活動の概要について説明。結団式を終え、笹原委員長は「地域のみなさんのお役に立てるよう、がんばっていきたい」と笑顔で意気込みを述べました。

IMG_8930

赤十字奉仕団旗の贈呈

災害時に使用する野外炊飯器

IMG_8919

笹原ふじ子 尾花沢赤十字奉仕団委員長

IMG_8946

加藤國洋尾花沢市長(日赤尾花沢市地区長)

菅野修一尾花沢市議会議長

IMG_8959


赤十字についての講演のようす

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ