日本赤十字社山形県支部

大韓赤十字社大邱支社との青少年赤十字国際交流事業を実施

大韓赤十字社大邱支社との青少年赤十字国際交流事業を実施

山形県支部では、2009年(平成21年)から大韓赤十字社大邱支社との青少年赤十字国際交流事業を

実施しており、この度、12月25日(水)から5泊6日の日程で、高等学校青少年赤十字メンバー7名

及び指導者・支部職員を大韓赤十字社大邱支社に派遣し、国際交流事業を実施いたしました。

7月の支部長表敬訪問により、交流期間を5年延長することで合意を得たことから、今回の訪問で協定書

への調印が取り交わされました。

今回の交流では、大韓赤十字社大邱支社のRCYメンバー(日本でいう青少年赤十字)との意見交換や、

RCYメンバーの自宅へのホームステイ、大韓赤十字社関連施設の視察等を行いました。

派遣された本県の高等学校青少年赤十字メンバーは、文化や習慣の違いを肌で感じ、青少年赤十字の実践

目標である「国際理解・親善」を実践することとなりました。

山形県支部JRCメンバーによる日本の文化紹介

市民安全テーマパークの視察

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両国メンバーでパン作りのボランティア

山形県支部JRCメンバーによる踊りの披露

このページのトップへ