日本赤十字社山形県支部

令和2年7月豪雨災害に対する山形県支部の対応について

令和2年7月豪雨災害に対する山形県支部の対応について

7月27日から7月29日にかけて山形県内で降った雨は、9つの観測地点で170mm以上の降水量を観測し、内5つの地点では1日の降水量記録を更新する豪雨となりました。
この豪雨により、県内37箇所で土砂災害、50の河川で越水・溢水、約700の住家で浸水被害が発生しました。
山形県支部では、速やかに災害救護対策本部を設置、関係機関と連携して対応にあたり、被災者への支援として県内各地へ災害救援物資を届けるなどの災害救護活動を行いました。

活動についての詳細はこちらになります。

このページのトップへ