日本赤十字社山形県支部

【広報訓練】日本赤十字社第1ブロック支部合同災害救護訓練を実施しました

【広報訓練】日本赤十字社第1ブロック支部合同災害救護訓練を実施しました

日本赤十字社では、大規模災害時に迅速かつ的確な救護活動を行えるよう各ブロック(地方)単位で訓練を実施しています。

日本赤十字社第1ブロック(北海道・東北)では、今年は山形県が開催県となり、各支部及び赤十字関係機関並びに防災関係機関の協力を得ながら、災害対応能力の向上を図ることを目的に、9月13日(水)、14日(木)の日程で標記訓練を実施します。

本訓練においては、災害時における適切な情報発信が出来るよう広報訓練も併せて実施します。

訓練の様子は本ページに掲載し、適宜更新いたしますのでぜひご覧ください。

 

日本赤十字社第1ブロック支部合同災害救護訓練 開会しました

EMIS(広域災害救急医療情報システム)訓練

広域災害救急医療情報システム(EMIS)使用訓練を行いました

巡回診療の様子

巡回診療訓練

9月14日(木) 実働訓練想定について

平成29年度日本赤十字社第1ブロック支部合同災害救護訓練の2日目がスタート

傷病者救護エリアにて応急処置を実施

実働訓練の風景

災害時における赤十字血液センターの役割

避難所にて炊き出し訓練を実施

 

このページのトップへ